種雄牛成績の見方 ②種雄牛成績の信頼度

皆さん酪農家が協力している種雄牛の後代検定のデータを見るときは、その データの信頼度 が重要になってきます。
信頼度とは、そのデータをどの程度、信頼できるかどうか、の尺度です。

特に種雄牛の最初のデータが発表される ファースト・クロップのデータは、データを収集した娘牛の数が少ないため、特に信頼度を重視すべきです。
[clink url=”https://dairy-guide.com/semen/49/”]

例えば、図1の種雄牛Aと図2の種雄牛Bの検定成績があるとします。
種雄牛AとBは、同じ16頭のメス牛のデータですが、種雄牛Aは12牧場からのデータであり、種雄牛Bは6牧場からのデータです。
どちらのデータの信頼度が高いでしょうか。

多分、皆さんは種雄牛Aのデータを信頼すると思います。
なぜならば、種雄牛Bのデータは種雄牛Aのデータに比較して牧場の数が少なく非常にかたよっているからです。

種雄牛Aのデータは、12牧場の16頭で、1牧場当り1.3頭です。
一方、種雄牛Bのデータは、6牧場の16頭で、1牧場当り2.7頭です。
皆さんの牧場でも、後代検定用の精液が配布されることがあるでしょうが、配布精液がタダだからと言って、むやみやたらに使用していることはないと思います。

このように、データを集計する娘牛数の少ない最初の ファースト・クロップのデータを見る場合は、娘牛数を牛群数(牧場数と同じですが、後代検定の用語では牛群数となっています)で割って1.4以下のデータが信頼度が高いと思われます。

ただし、セカンド・クロップのデータが発表される種雄牛は別となります。

ファースト・クロップの成績が発表されたときに、泌乳能力や体型の改良が素晴らしいとなれば、牧場で集中的に使用することがあり得るからです。
これも、皆さんの牧場で実際にやっていることと思われます。

牛群数と娘牛数の関係を見ます。牛群数を横軸に、娘牛数を縦軸にとりますと、牛群数よりも娘牛数が少ないことは絶対にありませんから、図3のグラフのように、右下半分にはデータがありません。

牛群数が同じであるならば、娘牛数の多いデータのほうが、信頼度が高くなります。
娘牛数が同じであるならば、牛群数の多いデータのほうが、信頼度が高くなります。

信頼度は、0~99%の数値で、種雄牛案内(ブルブック)に記載されておりますので、参考にしてください。

以上のことを念頭において、種雄牛の検定データを検討して、皆さんの牧場のメス牛の改良を進めてください。