乳牛 の 配合飼料 と 添加剤 について一考

以前、配合飼料は「完全配合飼料」として販売されていました。
しかし、「完全配合飼料」だけで家畜は成長するのか、とのクレームが持ち上がり、「
完全配合飼料」から「完全」が外されて現在にいたっております。

確かに、牛用配合飼料は、粗飼料を給与しなければいけませんので、配合飼料を「完全配合飼料」とは言い過ぎかも知れません。

さて、現在の「配合飼料」は、もちろん粗飼料を給与しなければいけませんが、配合飼料として不完全でしょうか。各メーカーの配合飼料もかなりのレベルにいっていると思うのですが。

酪農家は、牛群としてすばらしい成績をあげ、世間にその評判が広まると後に引けなくなり、この成績を維持できるかと不安がつのってまいります。
逆に、管理不十分でなかなか成績の上がらない酪農家は、このままで経営が維持できるかと、これまた不安がいっぱいです。

ここに添加剤のつけ込む余地がでてくるのです。
産乳能力がすばらしいが、そのために繁殖成績に問題がでてきている酪農家には「空胎期間が延びているでしょう。この添加剤を与えて空胎期間を短くしませんか。」と。
また、産乳成績の上がらない酪農家には「この添加剤を給与すると、成績が上がりますよ。」と。

この繰り返しによって、酪農家の皆さんは、かなりの種類の添加剤を使っていませんか。

今ここで、再考してみましょう。
「こんなにたくさんの種類の添加剤を使っていて、本当に効果があるのだろうか。」と。

皆さんは、疲労したとき、栄養剤(ドリンク剤)を飲むときがあると思いますが、その時、何本の栄養剤をのみますか。
せいぜい一本でしょう。
なぜ、二本・三本飲まないのですか?
それは、それ以上飲んでも、余分な栄養は尿として排出されてしまうからですね。
栄養剤を飲んだとき、尿が黄色くなるのは、余分な栄養分が排出されているからです。

この事実と、ウシに与えている数種類の添加剤を重ね合わせて、再度、考えてください。
「余分な栄養として排出されてしまう添加剤を」与えていないかと。

経営とは、費用対効果を考えて、余計な出費を抑えるのが基本です。
一度、数々与えている添加剤の給与を再検討してみたらいかがですか。

添加剤をやめろとはいいません。
添加剤の種類を再検討をしてみては、と提案しているのです。