ホルスタインの乳房容積に直結する『後乳房の幅』

『後乳房の幅』というと、ウシの後ろから乳房を見て、一番幅の広い所の幅と思う人が多いと思いますが、これは間違いです(下図の黄色い線の部分)。この場所を見ると、搾乳したあとは乳房がしぼむため、搾乳の前後で幅が違ってしまいます。また、泌乳時期(分娩後の日数)によっても産乳量が異なるため、幅が違ってきます。

正式な『後乳房の幅』とは、「後乳房の付着点」の幅を指します。
「後乳房の付着点」とは、乳房の皮膚(下の図の黄色い線)と内腿(ないたい)の皮膚(下の図の赤い線)が交わる点(下の図の青い丸)です。両方の「後乳房の付着点」の幅が『後乳房の幅』(下図の青い線)となります。
「後乳房の付着点」は、乳房と内腿の間に手を入れて、上にあげてくればすぐにわかります。

『後乳房の幅』は、乳房の容積を大きくするために非常に重要となります。

最近の共進会(ショー)では、乳房の容積を大きくするために、「後乳房の付着の高さ」とともに『後乳房の幅』が重んじられています。
そのため、『後乳房の幅』の狭いウシは決して上位にはランクされません。
審査員が一次選抜のあと、整列した出品牛のうしろからジックリと乳房を見ているのは、出品牛が離れていて比較しづらかった『後乳房の幅』と「後乳房の付着の高さ」を比較審査しているのです。

一般的に、『後乳房の幅』と座骨の幅はだいたい同じです。このことからも、座骨の幅を広げることが、いかに大切なことかが理解できると思います。

搾乳後、「後乳房の付着点」の内側の部分に、たくさんの縦しわができる乳房が柔らかく質の良い乳房です。