ホルスタイン共進会(BWショー)で最初にインパクトを与える『き甲部の高さ』

“ 体型部位―高さ ”で、ホルスタインの体高は“ 十字部 ”(両方の腰角を結んだ線が背骨と交差する点)で測定すると説明しましたが、カナダの体型部位には、“ 高さ ”に加えて“ き甲部の高さ(前躯の高さ)”(両方の肩甲骨の上端を結んだ線が背骨と交差する点)があり、二つの“高さ”に戸惑うかも知れません。

カナダの体型部位の“ き甲部の高さ(前躯の高さ)” は、き甲部の地面からの高さをいっているのではありません。カナダの“ き甲部の高さ(前躯の高さ)” は、き甲部が十字部よりも高いか低いか、をいっているのです。き甲部が十字部より高ければプラスと評価され、低ければマイナスと評価されます。き甲部と十字部とが同じ高さがゼロとなります。

ホルスタインは、十字部よりき甲部が高い、つまり前躯が高いほうが美しく見えるからです。ショー(共進会)の審査では、き甲部の高いホルスタインが、審査員が最初に出品牛を見るときのアピール度が全然違います。何事でもそうでしょうが、ショー(共進会)においても、審査員に最初に与える印象が非常に大事です。

ホルスタインの写真を撮るときに、前足を少し高さのある台に乗せてポーズをとるのはご存知でしょうが、あれは前躯を高くしてウシを美しく見せる一つの手段なのです。

カナダの改良目標は、泌乳能力の改善はもちろんですが、ホルスタインの美しさも加味しているのではないか、と推察されます。それゆえ、日本やアメリカの体型部位にはない“き甲部の高さ”があるのでしょう。