ホルスタイン共進会(BWショー)で気にかかること ③ 場内整理係員の行動

ホルスタイン共進会やブラック・アンド・ホワイト・ショーを観戦して気にかかることが4点あります。
一つは、出品者の服装です。
二つ目は、リード・パーソンの態度です。
三つ目は、場内整理係員の行動です。
四つ目は、観客の少なさです。

ここでは、三つ目の場内整理係員の行動について記します。

全日本ホルスタイン共進会やセントラル・ジャパン・ブラック・アンド・ホワイト・ショーなど、全国規模のショーは別として、県単位以下の共進会(ショー)での場内整理係員は、「なぜ俺が、貧乏くじをひかなければいけないんだ。」とか、「俺に押し付けやがって。」と思っているのでしょう。ほとんどの場内整理係員が、ズボンのポケットに手を突っ込み、場外をみているか、下を向いて友達と話しをしている人がほとんどです。これでは、ウシが糞をしても気づきません。アシスタント審査員か事務局に注意されてやっと動きだします。
一般的には、男性よりも女性のほうが行動が速やかです。

欧米のホルスタイン・ショーでは、若い女性が「人を差し置いて、私が選ばれたの。」と、誇るような笑顔で、嬉々として糞を取り去っています。

これは、農耕民族の日本に対して、欧米が牧畜民族であるため、家畜への接触度が高いことに由来するのでしょう。

観客として共進会(ショー)を見ていると、糞が目の前にあると、リード・パーソンが糞を踏まないかどうか気になって、ウシを見ているどころではありません。
私も経験したことがありますが、リード・パーソンとして、審査員を見ながら後ろ向きに緊張してウシをリードしている時、糞を踏んでグニャとした感触を足に感じた時、「このやろー」とムカッとして、靴についた糞をオガコで払っている間に緊張の糸が切れて、ショーは終わりです。
審査員としても、真剣に審査している時、同じく糞を踏んでグニャとした感触を足に感じた時、「なんだここの事務局は、やってられねー。」と、熱が冷めるかも知れません。

県単位以下の共進会では、行政が畜産振興として、“畜産祭り”を並行して開催することが多々あります。
畜産祭りでは、近隣の幼稚園の生徒たちが共進会(ショー)を見学に来ます。小さな子供はウシには慣れていませんし、まして、糞の臭いにははっきりと「臭い。」と言います。
この子供たちが家に帰って「お母さん、今日、幼稚園でウシを見に行ったよ。ウシが糞をすると、すぐにお兄さんが取っていってしまうので、臭くないんだ。今度、お母さんも一緒にウシを見にいこうよ。」と言わせるくらいの共進会(ショー)にしたいものですね。